2017年12月17日(日)- Le Cours des Vitrails ::: ステンドグラスレッスン 「オーナメント」

ornament_ws

ステンドグラスレッスン
「オーナメント」

ステンドグラス作家の山崎まどかさんに教えてもらう、人気のワークショップ。
冬の窓辺に飾りたくなる、透明や乳白色のいろいろな硝子を組合わせてクリスマス向けの硝子のオーナメントをつくります。初めての方も、ぜひご参加ください。丁寧に教えていただけます。

■講師 : atelier mado | 山﨑まどか

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

神戸生まれ。大学にて宙吹きやキルンワークなどのガラス技法を学んだ後、
ステンドグラス作家DURT森本康代氏に師事。

同師のもとで大型公共施設や住宅、店舗などの多数のパネル作品製作に携わる。独立後は関西を中心に、ガラスの持つ表情や空間を生かした、シンプルで心地のよい、生活によりそう作品づくりを軸に展示会、ワークショップ等でステンドグラスや工芸ガラスの魅力を新しい切り口で広めている。

*フェリシモの手づくり雑貨カタログ『Couturier[クチュリエ]』2016年秋冬号、2017年春夏号
ステンドグラスキットのデザイン&制作レシピの監修

<講師歴>現在/神戸新聞文化センター ステンドグラス講座講師、過去/神戸親和女子大学講師、神戸芸術工科大学カルチャー講座講師、ミサワホームインテリアセミナーステンドグラス講座講師、門真市リサイクルセンターエコ・パークガラスセミナー講師、NHKカルチャー講師、その他ワークショップ講師多数

 ◼︎URL:http://atelier-mado.com

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■開催日 : 2017年12月17日(日)
■定員 : 各6名
※人気のワークショップのため、現在満席です。
大変申し訳ありません。キャンセル待ちを承っております。
キャンセル待ちの場合、info@francjour.com宛に
題名「ステンドグラスレッスンのキャンセル待ちの件」と記入の上、「名前」「ご連絡先」「メールアドレス」をご記入下さい。

■時間 : 10:00-13:00
■料金 : 5,200円(1ドリンク付、材料費・道具代込み)
■持ち物: ・ハサミ
      ・綿製の軍手か綿手袋(化繊は不可)
      ・作品を拭く為の汚れてもいい小さ目のタオルかウエス(=綿の古布)
      ・エプロン、または汚れてもよい綿製の服装でお越しください
■ご注意点:
※安全の為、綿製の腕や脚の隠れる動きやすい服装でお越し戴くか、エプロンをご持参ください。
※化繊の服は危ないのでお避けください。
※ハンダ付けの際、少し煙が出ます。喉の弱い方はマスクのご用意をお薦めします。

 ※ご予約をいただいてからのキャンセルの場合、材料手配の関係上、キャンセル料が発生します。
やむなくキャンセルされる場合は、5日前までに必ずご連絡ください。

■お支払い方法:当日講師にお支払い下さい。(現金のみ)

 

キャンセル待ち・ご質問などは、info@francjour.com宛に題名「ステンドグラスレッスンの件」と記入の上、「名前」「ご連絡先」「メールアドレス」をご記入下さい。

 

397648d47bc2ba2454736ec9de4c1dae-300x146 stendglass_coaster21-300x146 tekagami1-300x146 ornament_ws

 

2018年1月10日(水)・12日(金) : Cours de Culture Française :::フランス文化クラス☆フランスの修道院から

 

講座内容:フランスでは修道院で作られた製品が静けさに包まれた中で販売されています。
お菓子、ハーブティー、ジャムや蜂蜜、石鹸や化粧品、刺繍小物など、すべては伝統の製法を守りながら丁寧に作られています。


   

信仰の有無に関わらずフランス人の多くは修道院製品を愛用しています。
このような修道院グッズのお店を紹介しながら、講師が留学時代を過ごした修道院女子寮でのシスターたちとの思い出秘話をお話しいたします。
シスターたちもワイン、チーズが大好き!やっぱりフランスです。

~フランスが大好きな皆様へ~

フランス語と出合い、念願の留学生活を送ったリヨンではカトリックの女子寮でシスターや国際色豊かな友人たちと過ごす貴重な一年を体験しました。

 

ここで繰り広げられた毎日はそれまでの価値観を一掃するものでした。
そのリヨンで毎日のように通っていたお店が大学のすぐそばにあった修道院製品を売るお店でした。

そんな私と修道院の関係は、今思えば幼稚園から続いていたようです。
急な引っ越しで入園が決まっていた幼稚園から急遽変更したのは、「不思議なメダイ」で有名なパリの教会の系列幼稚園。
その頃からシスターという存在は私を時に厳しく、そしておおらかに包み込んでくれます。
修道院寮生活の笑いあり、涙ありのお話を交えながら、フランスの密やかなある一面を紹介いたします。

■日時 : 2018年1月10 日 (水)、1月12日(金)いずれも13:30~15:00
※どちらかご希望日をお選びください。
※お話し13 :30~14 :30 ティータイム14 :30~15 :00

Price : ¥6,200(税込)
*** 茶菓代込み***修道院で作られているお菓子をイメージした心温まるティータイム

申し込み期限:2017年12月29日 (金) まで
各日最少催行人数:3名
各日定員:6名

■場所 : フランジュール神戸店
http://www.francjour.com/jpn/information/shop-kobe.html
■講師 : YOKO

神戸に生まれ育つ。フランス語コーディネーター&フランス生活文化研究家。
神戸海星女子学院大学フランス語フランス文学科卒業。
在学中に神戸のカフェでフランス児童文学講読、絵本翻訳講座などを開催。
最終年をリヨンカトリック大学文学部に在籍。
帰国後、フランジュールにてコテ・バスティド輸入販売業務に携わる。

2008年パリの洋菓子メゾン「ラデュレ」の日本上陸に際して、東京へ拠点を移し、ラデュレが新たに創り出すギフトライン、ボーテラインを本国から任され担当。

2012年には広島にある美術館の香水瓶コレクションを監修するフランス人美術史家をサポートする業務を依頼され広島へ。

2016年春から生まれ育った神戸に戻り、ラデュレパリのコーディネーター業務を継続しながら長年温めていたフランス生活文化講座をスタート。定期的にフランスに滞在し、お城、庭園、小さな村巡りそしてバレエ、演劇などフランスの「美」の追求が趣味。

■持ち物 : 筆記用具

■「応募はこちらから」をクリックすると予約システムに移行します。
初日の日程を選択して、予約を進めてください。
自動配信メール後に、弊社からの承認のメールが返信されてきましたら予約完了です。

もしくは神戸店までお電話ください。
078-325-2522

■お支払い方法 :初回の授業の前に現金でお渡し下さい。

キャンセル待ち・ご質問などは、info@francjour.com宛に題名「フランス文化クラス☆フランスの修道院からの件」と記入の上、「名前」「ご連絡先」「メールアドレス」をご記入下さい。

ご応募はこちらから

キャンセルについて

キャンセルやコースを継続出来ない場合は、必ず受講日の1週間前までにご連絡ください。
受講日の1週間前をすぎますと受講料1ヶ月分の60%、当日は受講料1ヶ月
分100%のキャンセル料が発生いたします。
あらかじめご了承ください。

なお、定員に達しないレッスンは延期または中止することがあります。
その場合は3日前までにご連絡いたします。

2017年9月開講 : Cours de Culture Française :::フランス文化クラス☆パリとパリ近郊の珠玉の美術館

ルーヴル、オルセー、ポンピドゥー。。。パリには誰もが知っている世界の宝物が所狭しとひしめいています。そして、その陰でひっそりと佇んでいる控えめな、でも個性溢れる美術館も星の数ほど存在します。前者がまるでダイヤモンドの輝きだとすれば、後者は真珠のようにあたりをほのかに照らしているといったところでしょうか。

この講座ではパリやパリ近郊の隠れ家のような美術館を紹介しながら、鑑賞後に素敵なティータイムやお散歩が楽しめる場所も合わせてご紹介いたします。

これからはフランス滞在もますます優雅な時間になることでしょう。

 

■講座詳細

時間:13:3015:00
※お話し13 :3014 :30 ティータイム14 :3015 :00

□ 2017年9月15日 (金):アンヌ・オゲのアトリエと扇美術館
~アジアからヨーロッパに渡り花開いた西洋の扇物語~

□ 2017年10月20日 (金): ロマン派美術館と愛らしいガーデンカフェ
~パリ9区に小さく咲く花のような美術館そしてグルメに話題のマルティ通り散策~

□ 2017年11月17日 (金): トワル・ド・ジュイ美術館
~マリー=アントワネットも訪れた老舗マニファクチュア。インド更紗をお手本にした生地の歴史~

□ 2017年12月15日 (金): モビリエ・ナショナル-ゴブラン織りギャラリー-
~400年続く王立製作所を通してみる18世紀フランスの栄光~

※4回コース(コースでの受講が望ましいですが単発でもお申込できます)

■Price : □全4回 4ヶ月分  ¥22,000(税込み)   
単発でお申し込みの方は1回¥6,500(税込)  

*** お茶代込み*毎回YOKO先生が選んだとっておきのお菓子とお茶で楽しいティータイム

「内容に興味はあるけれど設定日のご都合つかない場合、その旨をご連絡ください。調整可能な場合もございます。」

■申し込み期限 : 2017年9月8日 (金)まで

■定員  :  1クラス8名まで (先着順)
最少催行人数:3名

■場所 : フランジュール神戸店3F
http://www.francjour.com/jpn/information/shop-kobe.html

■講師 : YOKO
神戸に生まれ育つ。フランス語コーディネーター&フランス生活文化研究家。
神戸海星女子学院大学フランス語フランス文学科卒業。
在学中に神戸のカフェでフランス児童文学講読、絵本翻訳講座などを開催。
最終年をリヨンカトリック大学文学部に在籍。
帰国後、フランジュールにてコテ・バスティド輸入販売業務に携わる。

2008年パリの洋菓子メゾン「ラデュレ」の日本上陸に際して、東京へ拠点を移し、ラデュレが新たに創り出すギフトライン、ボーテラインを本国から任され担当。

2012年には広島にある美術館の香水瓶コレクションを監修するフランス人美術史家をサポートする業務を依頼され広島へ。

2016年春から生まれ育った神戸に戻り、ラデュレパリのコーディネーター業務を継続しながら長年温めていたフランス生活文化講座をスタート。定期的にフランスに滞在し、お城、庭園、小さな村巡りそしてバレエ、演劇などフランスの「美」の追求が趣味。

■メッセージ : ~フランスが大好きな皆様へ~

フランスと関わり始めて20年以上が経ちました。今までパリに留まらず地方の小さな村々にも足を運び、沢山の人々との出会いを繰り返しながら様々な角度からフランス文化を体験してきました。フランスに興味をお持ちの方々に、私の心の中で大切にしていた経験を共有して頂ければ幸いです。大好きなフランス語の言葉「パルタジェ」(共有する)の通り、キラキラした時間を一緒に分かち合いましょう。

■持ち物 : 筆記用具

■「応募はこちらから」をクリックすると予約システムに移行します。
日程を選択して、予約を進めてください。
自動配信メールが送られてきたら、予約完了です。

もしくは神戸店までお電話ください。
078-325-2522

■お支払い方法 :初回の授業の前に現金でお渡し下さい。

キャンセル待ち・ご質問などは、info@francjour.com宛に題名「フランス文化コース☆パリとパリ近郊の珠玉の美術館の件」と記入の上、「名前」「ご連絡先」「メールアドレス」をご記入下さい。

コースをお申し込みは下記からお申し込みください。

ご応募はこちらから

 

1講座ごとのお申し込みは下記からお申し込みください。

ご応募はこちらから

 

キャンセルについて

キャンセルやコースを継続出来ない場合は、必ず受講日の1週間前までにご連絡ください。
受講日の1週間前をすぎますと受講料1ヶ月分の60%、当日は受講料1ヶ月
分100%のキャンセル料が発生いたします。
あらかじめご了承ください。

FRANCJOUR 3F CAFE

DSC_0112 テラス横1