カイユボットの家でピクニック

Bonjour les amis !

パリから郊外線の電車に乗って30分ほどで到着するイエール川沿いにある邸宅と庭園。

ここは自らも画家でありながら、印象派の画家たちの作品を購入し、印象派の人々を経済的に支えたギュスターブ・カイユボット( 1848-1894 ) が12歳の時に、父が購入した邸宅です。

https://www.maisoncaillebotte.fr/

他の印象派の画家たちに比べて、カイユボットの存在が知られていない背景には、こんなにも素敵な邸宅と広大な庭園 ( 11ヘクタール!)を所有できる裕福な家に生まれた故に、絵を売る必要がなかったからだとか。

今でも作品の持ち主は個人だったり、行き先がわからない作品も多いそうです。

なるほど、画家の知名度や後に残された作品の価値はこのような要素も影響するのですね。

この頃、パリはオスマンの大改造のただ中でしたので、その一大工事現場となっていたパリの喧騒から離れるために、富裕層はこの地域に別荘を構えたそうです。

庭園好きな私は、ここ数年ずっとこの場所に行きたいと思っていましたので、今回、実現できてほんとうに嬉しい一日になりました。

同行してくれたお友達、パリ在住のかおりちゃんは、この日のために心を込めてピクニックの準備も進めてくれていて、それだけでも大感激でした!

久しぶりの再会の待ち合わせに選んだのは、リッツパリがコロナ禍の昨年にオープンさせた、ぐっとカジュアルなテイクアウトと気軽な雰囲気のイートインコーナーがあるお店。

https://www.ritzparislecomptoir.com/fr

まずは朝食がわりにピーチ・メルバを選んでしまいました!

ピーチ・メルバは、かのエスコフィエがオペラ歌手のネリー・メルバのために考案したデザートですので、リッツパリにとっても意味深いデザートなわけです。

ピーチ・メルバで始まった1日、美しくて広大なお庭で尽きないおしゃべり。

ピクニックは参加希望の蜂さんたちまで登場して、対応に大忙し。

あまりのお天気の良さでデザートに用意したザクロがなんと発酵し始めてしまっていて、パクパクと食べた私はお酒も飲まないのに、ザクロで顔もほてって、ほろ酔い気分になってしまいました!

前代未聞ですよね。

最後に邸宅の中を見学し、パリから離れた束の間の時間に別れを告げました。

パリ滞在中は、こんな風にどこかでパリからちょっとだけ脱出することをおすすめいたします。

カイユボットの家をはじめ、パリやパリ近郊の美術館や庭園をご紹介するフランス文化レクチャーは秋から新しいコースもスタートする予定です。

楽しみにしていてくださいませ。

明日は、あっという間のパリ滞在を後にして、可愛いいものが溢れていそうなはじめての町へ向かいます。

次回のコラムをお楽しみに!

Bonne journée et à très bientôt !

YOKO 

初日からプティハプニング!

Bonjour les amis !

フランス滞在も今日で3日目です。

昨日はちょっとしたハプニングからのスタートになりました。

昨年の夏にオープンして話題の「オテル・ドゥ・ラ・マリーヌ」の見学をそれはそれは楽しみにしていて、もちろん事前にインターネットから予約も入れていました。

コンコルド広場に面してクリヨンホテルの建物と対を成しているこの建物、この広場を造り、当時は自身の騎馬像を真ん中に設置させたルイ15世の時代に王室の家具調度品保管所として建設されていました。

ここの保管所長のアパルトマンの内装を当時の調度品で再現して蘇ったオテル・ドゥラ・マリーヌ。18世紀の装飾芸術に浸る時間を指折り数えていたのですが。。。いつまでたっても中に入れないのです!

しばらくお待ちくださいという係の人に従って待つこと小一時間。待つ人の列はどんどん伸びてそろそろ誰かが文句を言い出しそうな雰囲気が出てきたその時に。。。

「今日はオープンしません」の一言。そして、「我々は何も知らないしただ、こう伝えるよう言われているだけ。今日の午後にはオープンするかもしれないけれどしないかもしれない。今は何もわからない」と告げられると、なんだかフランスでは「この人に文句言ってもね。。。」と納得しちゃうんですよね。

払い戻し希望者は、ここに自分でコンタクト取ってくださいとメールアドレスが印字された紙を渡され。。。「あーあ、併設の素敵なカフェ「ラぺルーズ」で鑑賞前のパリ最初の朝食をいただく所まではバッチリだったのに」と心の声は嘆いていましたが、こんなことぐらいで慌てません。

https://www.hotel-de-la-marine.paris/Autour-de-la-visite/Gastronomie/Le-Cafe-Laperouse

パリの時間を絶対に無駄にしたくないので、くるくると頭を回転させて、ここから目と鼻の先にあるパリ装飾芸術美術館で開催中のエルザ・スキャパレリの回顧展に向かいました。

https://madparis.fr/ExpoSchiaparelli

この展示会は当初ノーマークだったのですが、芸術やモードに精通している友人が「これを見過ごすなんてあり得ない!」と私が決めていた日々の予定を聞き出し、スケジュールの整理までおせっかい(?)にもはじめてくれたおかげで、存在を知りパッと切り替えることができました。

果たして、モードには深い知識を持ち合わせていない私でも、瞬く間に引き込まれる圧巻の展覧会でした。言葉はいりませんね。画像でご堪能くださると幸いです。

この日の夕方には、ヴァンドーム広場の裏にある宝飾芸術学校で開催されている、古代から19世紀までの石の彫刻の歴史を回顧する展覧会にも行きました。類い稀な個人コレクションによる宝石の彫刻芸術は未知の世界へ連れて行ってくれました。

https://www.lecolevancleefarpels.com/fr/fr/exhibition/pierres-gravees

さてさて、オテル・ドゥ・ラ・マリーヌの後日談ですが、先程お詫びと返金のお知らせメールが届いて、お休みが続くようです。

組合がどうとか、話し合い中だとか言っていたのでおそらく「スト」ですね。

ここは次回のお楽しみにとっておくことにいたします。

3日目にしてコラムでは書ききれないお話が山盛りですので、9月に予定しているレクチャーでたっぷりご紹介いたします。

ご希望の方は同じ内容でオンラインでも実施させていただきます。

お気軽に私のインスタグラムのメッセージなどでお問合せください。(インスタグラムのネーム : yokooceanne )

フランス滞在中のコラムについて、更新のお知らせは随時私のインスタグラムアカウントからさせていただきます!

さあ、今日はこれから日帰り遠足に行ってきます。どこに向かうでしょうか?

次回の更新を楽しみにしていてくださいませ。

Bonne journée et à très bientôt !

YOKO 

3年ぶりのパリ

Bonjour les amis !

先ほどパリに到着いたしました。

3年ぶりのパリ、どんな気持ちになるのかなぁ? と楽しみにしていました。

結果は。。。これまで抑えていた感情が込み上げてきて、生き返ったようです。

お部屋にとりあえず荷物をおいて、心の中でスキップしながらまだ明るい夜のパリへ

さて、これまでは左岸滞在がほとんどでしたので、空港からの車はパリに入ると北から下がってきて、アレクサンドル3世橋を渡り、左に目を向けるとノートルダム寺院、正面にアンヴァリッドそして少し向こうにエッフェル塔を望むという美しい舞台を見せてくれていました。

今回はパリ滞在がとても短く、できるだけ移動時間などを無駄にしたくないと思い、パリの「おへそ」にあたるルーヴル美術館のすぐ西のホテルを選びましたので、凱旋門を通りセーヌの手前で到着。

フランスでは教会のそばに滞在すると、朝、鐘の音で目が覚めます。これが楽しみの一つなのですが、今回選んだホテルのお隣には、フランス史において重要な「鐘」を持つサンジェルマン・ロクセロワ教会があります。

時代をぐーっと遡り1572年8月24日、フランス史上最大の大虐殺といわれる「聖バルテルミーの虐殺」は、なんとこの教会の朝の祈りの鐘が合図になったといわれています。カトリーヌ・メディシスや王妃マルゴの時代ですね。

ルーヴル美術館の裏手にひっそり佇むこの教会は、観光で訪れることが少ない、隠れ家的な教会です。

今回のホテルは、もう一つ偉大な建築を正面に見ることができます。ルーヴル美術館のすぐそばと言いましたが、ルーヴルはかつて歴代フランス王のための宮殿でした。

このルーヴル宮の東側を成す、荘厳な建物「ペローのコロナード」は、ルイ14世の時代、1667年から1670年の間に造られたフランス古典主義の傑作の一つと言われています。ルイ14世の「L」が模様になっています。そして、2対の円柱が長い列柱を成していて圧巻です。

ヴェルサイユ宮殿建設にも携わったルイ・ル・ヴォー、シャルル・ル・ブランそしてクロード・ペローらによるルーヴル宮プロジェクトの一環として建てられたそうです。

クロード・ペローといえば、赤ずきんちゃんの著者としても有名な「シャルル・ペロー」のお兄さんです。

こうして皆さんにお話ししていると、思っていた以上にすごい場所を選んでいました。そして、昨年、16年ぶりに再開して話題になった百貨店サマリテーヌはお隣です。今日は閉店後でしたので、外観の画像だけお送りいたします。

でも、パリジェンヌの友人の辛口な意見「あそこは行く必要ないよ!」を聞き入れるか?聞き流すか?

今回、特に時間に限りがある私は。。。迷っています。でもお隣ですもんね。ちょっとだけ覗こうかしら?


明日の朝、サンジェルマン・ロクセロワ教会の鐘が起こしてくれるまで、ぐっすり眠りたいと思います。初日からとびきりの予定が盛りだくさん。次回のコラムも楽しみにしていてくださいね!

皆様も素敵な8月をお迎えくださいませ。

Bonne journée et à très bientôt !

P.S. 日々の写真はインスタグラムのストーリーズにも投稿いたします。

インスタグラムアカウント:yokooceanne

ペローのコロナード

Bonjour les amis !

皆様、こんにちは、YOKOです。

私は初めてのお仕事を「フランジュール」でスタートし、その後、パリの老舗パティスリーメゾン「ラデュレ」でフランスと日本を繋ぐ役割を続けています。

フランスとの本格的な関わりはさらに遡って1988年、初めて訪れたパリの街からスタートしています。この間、自分では気づかないほど心と体の中に「フランス」が溢れていました。

フランス語を苦学し(現在進行形です)、フランス人の友人からは素顔のフランスを知り、フランス人と働く中で驚く思考回路を発見し、そして一人で静かに見つめ続けたフランスは。。。?

そんな私の「フランス」を言葉で綴るコーナーをスタートさせていただくことになりました。

フランス語と同様に日本語が大好きです。コラム「フランス玉手箱」を通して、ジャンルは限定せず麗しいフランスをテーマに、フランスの様々な表情を綴ってゆきたいと思います。

コラムという新しい扉を開けてさらに一歩フランスに近づく旅にご一緒してくださると幸いです。

その向こうにはまた違ったいくつものキラキラした扉が待っていてくれるはず。

果てしなく続く夢のフランス旅行へお出かけいたしましょう。

さて、ご挨拶に続き早速なのですが、来月、久しぶりにフランスでヴァカンスを過ごすことになりました。

コラムのスタートは華々しく?フランスから私の休暇の日々をお届けいたします。

どこからどんな一日が届くでしょうか?私もドキドキ、ワクワクです。

来週の火曜日あたりに届く初回を楽しみに待っていてくださいね。

Voyageons ensemble !

YOKO

フランス文化研究家&ラデュレパリコーディネーター

神戸に生まれ育つ。

神戸海星女子学院大学フランス語フランス文学科を首席で卒業。

神戸、東京、広島でジャンルは違えどフランスと芸術に関わる仕事を続け、2016年春から神戸に戻る。長年続けているラデュレの仕事に加えてフランス文化、講読講座などを本格的にスタート。翻訳、通訳も続けながら定期的にフランスに滞在し、美術鑑賞、お城、庭園、地方の村巡りそしてバレエ、オペラなどフランスの「綺麗」を探求。

2022年8月からコラム「フランス玉手箱」掲載スタート

プロヴァンスフェア開催のお知らせ


5月28日(土)よりフランジュール各店にて、プロヴァンスフェア 開催いたします。
(オンラインショップは27日(金)〜スタート予定)

開催店舗:フランジュール神戸本店、銀座店、大阪店、オンラインショップ

フランジュールのオリジナルタオル Décorに新色が登場しました。

南仏のフルーツの色を表現した「プロヴァンスの果実」シリーズ6色と
木々や空の色合いを模した「プロヴァンスの風」シリーズ6色です。

お部屋のインテリアの一部として、アクセントになるカラーが揃っています。
また、ラベンダー刺繍のタオルやソープ・アロマオイルなどもあわせて入荷いたします。

皆様のお越しをお待ちしております。

          

すずらん ノベルティプレゼント

4月23日(土)〜
フランジュール全店舗において
Porte Bonheur、Ananö商品を合わせて5,500円(税込)以上お買い上げの方に先着でAnanöさん監修の一筆箋(30枚綴)または、Ananö ET CLOVERの小冊子をプレゼントいたします。

11,000円(税込)以上お買い上げの方は一筆箋、小冊子の両方をプレゼントいたします。

開催店舗:フランジュール神戸本店、銀座店、大阪店、オンラインショップ
(オンラインショップは4月22日(金)16:00スタート予定です。)

 

阪急うめだ本店7階 寝具売り場 フランジュールPOPUP

いつもフランジュールをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

4月27日(水)~5月10日(火)
阪急うめだ本店7階 寝具売り場にて、フランジュールPOPUP出店いたします。

「南仏の暮らしをあなたに」
南仏をイメージしたスペースにベッドリネン・ホームウエア・オブジェを展開。
そして、今回は、南仏のアンティーク蒐集家のLa Cousine des Lilasの商品をふんだんに取り揃えています。
存分にご覧いただけます。

皆様のお越しをお待ちしております。

 

La fête du Mimosa


2月19日(土)よりフランジュール各店にて、La fête du Mimosa 開催いたします。
(オンラインショップは18日(金)16時頃〜スタート予定)

開催店舗:フランジュール神戸本店、銀座店、大阪店、オンラインショップ
(銀座店、大阪店は2月21日(月)が休館となります)

毎年この時期になると南フランスではたくさんのミモザの花が咲きはじめます。
そのため、ミモザの花はフランスの人々にとって、春の知らせを告げる花としてよく知られています。

フランジュールでは、ミモザをモチーフにした刺繍タオル、バッグ、ティーコゼなどをご用意いたしました。

また、オンラインショップ限定にて、Les Cadeaux Sinceres お菓子研究家 畑中千弘先生による焼き菓子とクッキーの詰め合わせの予約販売を予定しております。

ミモザのアイテムで春の訪れを感じてみてはいかがでしょうか。
皆様のお越しをお待ちしております。

     
    

銀座店・大阪店 休業日のお知らせ

いつもフランジュールをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

2月の各店舗の休業日をお知らせいたします。

大阪店:2月21日(月)

銀座店:2月21日(月)

神戸店は休まず営業しております。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

年末年始休暇のご案内

いつもフランジュールをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。
年末年始期間中のご案内をいたします。

—— 年末年始休暇 ———————————————

■神戸店  12月28日(火)~2022年1月3日(月)

■大阪店  12月31日(金)~2022年1月1日(土)
2月21日(月)は休館となります

■銀座店  2022年1月1日(土)
2月21日(月)は休館となります
– 営業時間 –
12月31日(金) 11:00~18:00
1月1日(土)  休館日
1月2日(日)  10:00~20:00
1月3日(月)  11:00~20:00
1月4日(火)  通常営業
*階数によって営業時間は異なります

詳細は下記のURLをクリックしてください。
https://ginza.tokyu-plaza.com/

■Webショップ  12月28日(火)~2022年1月3日(月)まで年末年始休暇となります。
※ ご注文は随時受け付けておりますが、
お問い合わせのお返事 及び 商品の発送は、順次対応致します。何卒ご了承下さい。
(日時指定は、1月10日(月)から受け付けております。)
12月24日(金)15:00までのご注文は基本的には年内発送といたしますが、注文の混雑状況や在庫状況によっては来年の発送となる場合がございます。
その場合は、ご注文後に改めてご連絡いたします。ご了承くださいませ。

《年末年始休業前の発送商品について》
年末年始休業期間中は交通事情等の理由で、宅配便配達が遅延する可能性がございます。
予めご了承下さいませ。

—— オーダー刺繍の年末年始発送について —————————

オンラインショップの年末年始休暇にともない
誠に勝手ながらオーダー刺繍商品の発送時期が変更されます。
12月23日(木)15:00までにオーダーされた方は年内の発送が可能です。
それ以降のオーダーは年明け1月11日(火)以降の発送となります。

ご理解のほどよろしくお願いいたします。

FRANCJOURオーダー刺繍はこちらから
https://www.francjour.com/shisyu.html